mruby/c

センサーネットワークや、ウェアラブルなどの小型端末向けの開発言語「mruby/c」

mruby/cは、Rubyの特徴を引き継ぎつつ、プログラム実行時に必要なメモリ消費量が従来のmruby(福岡で開発された組込み向けの軽量Ruby)より少ない mrubyの実装です。センサーネットワークや、ウェアラブルなどの小型端末に向けたソフトウェア開発に向いています。

β-4版の公開

GitHubでβ-4版を公開しました。

https://github.com/mrubyc/mrubyc/releases/tag/beta4

安定版の公開に向けて、段階的にβ版を公開しています。
皆さまからフィードバックを得て、より利用性の高い正式版を目指します。

公開スケジュール

◯mruby/c 安定版1.0.0のリリース延期について

今年12月末にリリース予定としておりました mruby/c 安定版1.0.0 のリリースを延期するになりましたので、お知らせします。
再調整しましたリリース予定日は、2017年1月31日(火)です。
リリース延期の理由は、開発準備過程において、まだ不安定な部分があり、テストとバグフィックスが必要であるためです。
安定版のリリースを楽しみにされている方には大変申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

対象とする組み込みクラスなど

 各公開版が対象とする組み込みクラス、機能については、下記のファイルをご覧ください。

pdfファイル「mruby/c公開スケジュール(161207)」をダウンロードする(PDF:86kB)

 

研究活動