平成29年5月19日(金)SciRuby-jp主催「DataScience.rb ワークショップ〜ここまでできる Rubyでデータサイエンス〜」が開催されます。

プログラミング言語Rubyにおける科学技術計算分野の環境改善の取り組みついて、現在までの取り組み状況と、現時点でRubyでできることを紹介するイベントです。

イベント詳細・参加申込のページはこちら(外部サイト)

イベント概要

日時

 平成29年5月19日 (金) 19:00〜21:30

場所

株式会社 Speee (東京都港区六本木4-1-4黒崎ビル4F Speee Lounge)

定員

100名

参加料

無料

プログラム

時間 内容
19:00 開場、歓談タイムスタート
19:15 オープニング、運営よりご連絡
19:30 村田賢太氏「PyCallを使ってRubyでデータ解析をやってみよう」
20:15 西田孝三氏、三軒家佑將氏「Rubyを用いた初等統計解析の整備と構築」
21:00 須藤功平氏「RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入り」
21:20 クロージング
21:30 解散

参加申込

受付サイト(外部サイト)よりお申込みください。

主催

SciRuby-jp

共催

株式会社 Speee、一般財団法人Rubyアソシエーション、しまねソフト研究開発センター

SciRuby-jpの取組みについて

しまねソフト研究開発センターが研究分野として取り組む機械学習の調査の一環として、プログラミング言語Rubyにおける科学技術計算分野の環境改善への取り組みに協力しています。

リンク