2017年6月より、株式会社藤井基礎設計事務所と、mruby/cを組込んだ雨量・水位センサーによる河川の観測システムの共同実証実験を行っています。

観測システムの概要

出雲市斐川町内に雨量計1箇所と水位計3箇所を設置し、受信機(ゲートウェイ)へデータを集め、ここからサーバーへ送信。インターネットを介してパソコンやスマートフォンなどから雨量・水位の観測を行う。

システム概要

両者の役割

ITOC

  • mruby/cによる雨量・水位センサーのプログラム開発
  • mruby/cのセンサーデバイスへの実装
  • ゲートウェイの通信環境の構築 等

株式会社藤井基礎設計事務所

  • センサーデバイス、受信機等の現地設置
  • 取得データの可視化システムの構築
  • 新たな観測システムの構築検討 等

実証実験場所

島根県出雲市斐川町神氷周辺の新建川、間樋川

実証期間

2017年6月21日~2017年10月31日

実証実験の観測データ

観測データをグラフ化し公開しています。

mruby/c 河川水位・雨量観測システム:フィールド実証試験

プレスリリース

 pdfファイル「プレスリリース(mruby/cを組込んだ雨量・水位センサーによる共同実証実験の実施について)」

お問い合わせ先

しまねソフト研究開発センター(担当:徳田)
TEL:0852-61-2225 MAIL:itoc@s-itoc.jp

株式会社藤井基礎設計事務所(担当:システム開発課 小村)
TEL:0852-23-6721

(2017年8月現在)