10月14日に開催されるオープンソースカンファレンス2017 Shimaneで体験会および展示を行います。

オープンソースカンファレンスは、オープンソースに関する最新情報をコミュニティや企業・団体による展示やセミナーを通じて提供するイベントで日本各地で開催されています。松江での開催は今回で10回目となります。

ITOCはITOCminiLab機器展示体験会を実施するとともに、mruby/cについて展示します。

オープンソースカンファレンス 2017 Shimane

日時

2017年10月14日(土)10:00-17:00(展示10:00-16:15)

会場

松江テルサ 1F テルサホール(島根県松江市・JR松江駅前)

参加料

無料

内容

オープンソースに関する最新情報の提供

  • 展示 - オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
  • セミナー - オープンソースの最新情報を提供

主催

オープンソースカンファレンス実行委員会(公式サイト

 

「ITOCminiLab体験会」

ITOCminiLabで整備している機器(HoloLens、Tobii Pro Glass2、Moverio Pro BT-2000、Oculus Rift)の装着体験をしていただきます。

イベント詳細ページ

体験会実施時間

13:00-16:00

 

展示 「mruby/cを活用した河川の雨量・水位観測システム」

しまねソフト研究開発センターと株式会社藤井基礎設計事務所が行っている実証実験「mruby/cを活用した河川の雨量・水位観測システム」の取組みについて展示を行います。※株式会社藤井基礎設計事務所と共同出展です

展示内容

  • 河川観測システムの概要
  • デモンストレーション

 お問い合わせ

しまねソフト研究開発センター(担当:徳田、立脇)
TEL:0852-61-2225
MAIL:itoc@s-itoc.jp