しまねソフト研究開発センター(ITOC)では、県内事業者の方々が売れる商品・サービスを創出される際のお手伝いを行っており、新たなチャレンジを応援しています。

今回、PDCAをすばやく回していく際に便利なふりかえりの思考方法「KPT(けぷと)」をご紹介します。KPTをワークショップスタイルで体験することで、各職場で活用していただけることを期待しています。(昨年度開催の様子はこちら

KPTとは?

KPTとは、「Keep:続けること」「Problem:課題」「Try:次に取り組むこと」に整理しながら活動をふりかえる方法です。
少人数プロジェクトで、過大投資をせず、短期間に自分たちが出来ることを定め、確認しながら次のステップに進める際に参考になります。

日時

2017年12月1日(金)13:30-17:00

場所

テクノアークしまね 中会議室(松江市北陵町1番地)

内容

座学とワークショップを通じて「KPT」を体験できる内容となっています。

  1. KPTの基礎知識説明
  2. KPTを使ったふりかえりワークショップ
  3. グループディスカッション
  4. 自社での活用検討

講師

天野 勝 氏(株式会社永和システムマネジメントコンサルティングセンター センター長)

略歴

総合電機メーカーの情報システム部を経て、2002年10月より現職。
オブジェクト指向をはじめとするソフトウェア開発技術および、アジャイルソフトウェア開発手法の導入に関するコンサルタントとして活躍。現在、ソフトウェア開発現場を楽しいものとするため、アジャイルソフトウェア開発の実践/コンサルティングから得られた知見をもとに体系化した、チームファシリテーションの普及に注力している。

  • オブラブ元事務局長
  • けぷた倶楽部エバンジェリスト
  • プロジェクト・ファシリテーター協会副理事
  • アジャイルプロセス協議会運営メンバー
  • 日本XPユーザーグループ企画委員
  • ソフトウェアテストシンポジウム実行委員
  • ETロボコン審査委員

参加申込方法

申込みフォームからお申込みください。(申込締切:2017年11月30日(木)17:00)

定員

30名

参加料

無料

申込・問い合わせ先

ご不明な点につきましては、お気軽にご相談ください。

しまねソフト研究開発センター 担当:太田・立脇
E-mail:itoc@s-itoc.jp
TEL:0852-61-2225
FAX:0852-61-3322