ITを利活用して、新たなサービス開発に向けた第1歩を

ロゴ

〜講座修了後も自ら成長を維持できる仕組み、習慣を身につける〜

開催概要

このLean Action Program(リーン アクション プログラム)では、新規事業へのチャレンジをご支援します!

4回の講座で、今あなたがお持ちの事業プランのブラッシュアップを通じて、真に立ち向かう課題(事業上の課題、経営の課題など)を明らかにして、参加者個人はもとより会社や組織が新規事業の成功に向けて継続してチャレンジ、成長できるコツをお教えします。

講師には、国内で多くのスタートアップ支援実績を有するLean Startup Japan LLC 代表社員 和波俊久氏をお招きします。

※受講後、講師の和波氏より参加者にはアドバイスレポートをお渡しします。

日時

第1回 2018年10月14日(日)10〜17時
 ※オリエンテーションあり
第2回 2018年10月20日(土)10〜17時 
第3回 2018年10月27日(土)10〜17時 
第4回 2018年11月10日(土)10〜17時 
 ※最終発表会あり 

会場

しまねソフト研究開発センター(島根県松江市学園南1-2-1 くにびきメッセ4F)

対象

  • 県内企業の経営者・従業員、個人事業主
  • ITを活用した新規の事業プランをお持ちの方
  • 4回にわたって参加できる事業者

講師

和波氏

和波俊久氏
Lean Startup Japan LLC 代表社員 
プロセスコンサルタント
琉球大学「ベンチャー起業講座」講師

プロフィール

起業のメカニズムを解明するコンサルティング会社 “Lean Startup Japan” を 2010年よりスタート。自身2 度の起業経験を通じた起業プロセスを科学的に追求している。

創業前の事業計画を修正するという「非常識」を「リーン・スタートアップ」の普及によって一般化し、成功にはユニークなアイディアが必須であるという「パラダイム」を「ビジネスモデル症候群」で覆すなど、斬新な視点が注目されている。

2017年に書籍「ビジネスモデル症候群」を出版。

受講後に期待される効果

  • 経営課題を正しく判断する思考とプロセスの修得
  • 課題解決に向けて取り得る選択肢の理解
  • 課題の変化に柔軟に対応できる組織構築の基本型の理解
  • 新たな時代に求められる経営の予測能力
  • これらを実現するための情報収集手段 など

参加枠

5事業者(1事業者3名まで)

※応募多数の場合は、事業アイデアで選考させていただきます。
※2015年度「Startup Academy」、2017年度「Lean Action Program」の参加者も申込可能ですが、初参加の事業者を優先します。

参加費

無料

参加申込方法

必要事項を記載の上、メール(itoc@s-itoc.jp)でお申込ください。
※メール件名は「Lean Action Program参加申込」としてお送りください。

必要事項

  • 申込代表者氏名
  • 参加者氏名(複数名での参加の場合)
  • 所属先
  • 所属先住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 現在お考えの「事業アイデア」(500字以内でメール本文に記載、もしくはA4 1-2枚程度のファイル添付)
    • 想定する顧客、その顧客の課題やニーズ、顧客に向けたサービス・商品の内容
    • なぜ、あなたはそのサービス・商品を実現したいのか

申込期限

2018年10月5日(金)正午   

※お申込みを頂いた方は、事前に事務局スタッフがご連絡差し上げ、面談致します。

その他

参加者には、参加当日にしまねソフト研究開発センターと秘密保持契約を締結していただきます。

主催

しまねソフト研究開発センター・島根県

お問い合わせ先

ご不明な点につきましては、お気軽にご相談ください。

しまねソフト研究開発センター 担当:白菊
E-mail:itoc@s-itoc.jp
TEL:0852-61-2225
FAX:0852-61-3322