ITOCでは、県内事業者の方々が売れる商品・サービスを創出されることの支援を行っており、新たな取り組みにトライすることを推奨しています。

そのために、先進技術やサービス等をセミナーなどで、県内事業者の方々に紹介する機会を設けています。これにあわせ、ITOCホームページでも先進事例を紹介しようと計画し、今回、県内IT企業の若いエンジニアの方に、展示会を調査していただき、その報告書を作成していただこうと企画しました。

ご興味をお持ちの企業ご担当の方がいらっしゃいましたら、下記をご一読いただきご応募ください。

詳細は仕様書をご覧ください。以下仕様書からの抜粋概要です。

概要

県外で実施されるIT関係展示会を見学して報告書を作成する島根県内IT企業の若手エンジニアを募集し、「しまねソフト研究開発センター(ITOC)」ホームページ上に掲載し、IT関係のトレンド等を広く紹介します。

目的

  • ITOCホームページコンテンツの増強
    企業視点での新技術やトレンドをITOCで紹介することは今までに無いことから、閲覧するIT関係企業側の共感が得られ自社の取り組みに活かしていくヒントになることを期待しています。
  • 若手エンジニアのスキルアップ
    若手エンジニアが展示会の事前調査、当日の現地調査、報告書作成するという流れが、情報収集能力及び他者への説明力を養成する機会になることを期待しています。

調査イメージ図

対象展示会

ITOCが選定した下記展示会のいずれかを見学し所定の報告書を作成していただきます。

  1. 日経×TECH EXPO 2018(http://expo.nikkeibp.co.jp/xtech/ex/
    【開催期間・会場】平成30年10月17日(水)~19日(金)東京ビッグサイト

  2. 2018 Japan IT Week 秋(http://www.japan-it.jp/aki/
    【開催期間・会場】平成30年10月24日(水)~26日(金)幕張メッセ

  3. ウェアラブルEXPO(http://www.wearable-expo.jp/
    【開催期間・会場】平成31年1月16日(水)~18日(金)東京ビッグサイト

  4. メディカルジャパン(http://www.medical-jpn.jp/
    【開催期間・会場】平成31年2月20日(水)~22日(金) インテックス大阪

対象企業、見学者

  • 県内に所在するIT企業
  • 勤務地が県内の若手エンジニア。(20歳以上35歳までを想定)
  • 開発業務に携わった経験が1年以上あり、自社の業務を説明できること
  • 新しいIT技術等への興味を持つ方

※経営者やリーダー職は対象外
※他の交通費補助制度が使えると事務局が判断した場合は対象外

募集人数等

  • 各展示会3名を上限とする(4展示会×3名=12名)
  • 1社あたり1名まで(1展示会に付き各社1名まで申込み可)

各展示会毎に以下の一律金額を企業宛に支払います。

東京開催の展示会
(対象展示会のうち1~3)
70,000円/社
大阪開催の展示会
(対象展示会のうち4)
30,000円/社

※消費税及び地方消費税込みの金額

応募方法、決定

  • 所定の申込書に記載して締切日時までにITOCへ電子メールに添付して送付。
  • 書類選考、簡易面談(直接もしくはテレビ会議)を実施して決定する予定。

募集締切

展示会毎に以下の日までにITOCへ申込書を提出すること。

  •  平成30年9月21日(金)17:00 【日経×TECH EXPO 2018】

  •  平成30年9月28日(金)17:00 【2018 Japan IT Week 秋】

  •  平成30年12月21日(金)17:00 【ウェアラブルEXPO】

  •  平成31年1月25日(金)17:00 【メディカルジャパン】

 その他

  • 写真撮影が禁止となっている場合があるため、写真撮影を行う際は、各展示会場の指示に従ってください。
  • ITOCホームページでの公開時、見学者の企業名及び氏名を掲載します。

見学

  • ITOCが注目するIoT、AI、組込み、ウェアラブル、医療/ヘルスケア、ドローン、VR/AR/MR等の技術要素や適用分野について、自らの視点で見学していただきます。

  • 最低1泊2日の行程を想定しています。(移動を除き丸1日の見学ボリュームを想定。それ以上の延泊は自由です。)

  • 展示会の申込みは各自で行っていただきます。予定している展示会は事前申込みで参加費無料です。 

報告書

  • 展示会全体、業界トレンド、見学者が注目した技術・機器・サービスについて具体的に、出展社の特徴や説明員の応対等も含めて、他者に伝えることを意識した内容で記入していただきます。見学者の所感も記入していただきます。
  • 報告書分量は様式のA4用紙2枚程度です。
  • 掲載可能な写真がある場合は、公開可否を記載し、報告書内に添付するとともに、電子データとして提出していただきます。

 問い合わせ・応募先

公益財団法人しまね産業振興財団 しまねソフト研究開発センター(担当:景山・白菊)
〒690-0826 島根県松江市学園南1丁目2−1くにびきメッセ4F
TEL:0852-61-2225 FAX: 0852-61-3322 itoc@s-itoc.jp

書類

pdfファイル「仕様書」をダウンロードする(PDF:157kB)

wordファイル「申込書」をダウンロードする(DOCX:17kB)

wordファイル「報告書」をダウンロードする(DOCX:15kB)