フクオカ・しまねmrubyパビリオン

11月16~18日にパシフィコ横浜で開催されたET2016 組込み総合技術展(Embedded Technology2016)に、「mruby/c」を出展しました。

ET2016は、一般社団法人組込みシステム技術協会が主催する、組込みシステム技術に特化した世界最大級の専門展です。

今回ITOCは、「フクオカ&しまねmrubyパビリオン」として福岡県と共同出展を行いました。

会場の様子

ブース展示 ブース展示の様子

当日会場では、mruby/c評価ボードの展示、利用シーン・実証事業の紹介などを行いました。

ブースには多数の方々にご来場いただき、意見交換をすることが出来ました。来場者の方と話をする中で、mrubyを知っている、使ったことがあるという方が以前に比べて増えており、今回は特にmrubyの知名度の向上を肌で感じることができました。

いただいたご意見をmruby/cの開発、利用促進に活かしていきたいと考えています。