サイネージ

CEATECについて

島根県・しまねソフト研究開発センターは、2017年10月3日-6日に開催されたCEATEC JAPAN 2017に出展しました。

CEATEC JAPANは、新たな産業革命と言えるデータ駆動型、また情報活用型社会到来に向けたモノ・サービス・テクノロジ―を一堂に会し、新たなビジネスの創出と先進的技術および情報の交流、社会的課題の解決策の提案を行い、一層の産業の発展と生活の向上および社会への貢献を促すことを目的に開催される展示会です。

展示内容

IoTタウン
 IoTタウン

島根県・しまねソフト研究開発センターは、特別展示エリア「IoTタウン」内に出展しました。

 IoTタウンは「社会課題を解決してSociety 5.0を築く」をテーマに、Society 5.0の実現に向けて新たなビジネスモデルにつながるアイデアやパートナーとの共創を発信するエリアです。

ブースの様子
 IoTタウン「国立情報学研究所ブース」に出展の佐藤顧問と

ブース

展示内容 ブースの様子
 展示ブース 来場者の方に島根の取組みを説明 

ブース展示の内容は、ITOCの紹介とともに、ITOCと県内企業様との取り組みを紹介することとし、新商品・サービスの紹介を行いました。ブース壁面一面を使い図や写真を用いて、多くの方の目に留まるように工夫しました。

セミナー 

セミナーの様子 セミナーの様子
 IoTタウンセミナーブース セミナーの様子

会期中「しまねソフト研究開発センターの取り組みと島根発のサービス・製品のご紹介」と題したミニセミナーも行いました。(10月4日はITOCの佐川副センター長、10月5日は島根県産業振興課情報産業支援室の安達GLが担当)

所感

会期中は、たくさんの方にご来場いただき、多くの方に島根県・ITOCの取り組みと県内企業様を知っていただくことができました。
この出展をきっかけに、県内企業の取組みが新たなビジネスにつながることを期待しています。