OSCしまね

OSCしまねについて

2017年10月14日(土)10:00-17:00に松江テルサテルサホールにて開催されたイベント、オープンソースカンファレンス2017しまねにITOCも参加しました。

オープンソースカンファレンスはオープンソースに関する最新情報をセミナーや、企業・団体による展示を通じて知る事のできるイベントで全国各地で開催されています。

島根県では、2008年から毎年開催しており、今年で10回目(10年目)という記念すべき回でした。

ITOCは、mruby/cについてのブース展示と、ITOCminiLab機器展示体験会を実施しました。

mruby/cの展示

今回は、株式会社藤井基礎設計事務所と共同で、mruby/cおよび同社と実施している実証実験「mruby/cを活用した河川の水位計測システム」について展示を行いました。

普段あまり目にすることのない雨量計・センサーの実物を展示したため、興味深く展示を見ていただくことができました。

OSCしまね展示ブース

ITOCminiLab機器展示体験会

午後からは、ITOCminiLab機器展示体験会を実施しました。

今回は、ITOCminiLabで整備したヘッドマウントディスプレイ4種(Microsoft HoloLensTobiiプロ グラス2Oculus RiftEPSON MOVERIO Pro BT-2000)を展示・体験していただきました。

OSC2017_ITOCminiLab OSC2017_ITOCminiLab02

参加を通じて

OSCしまねに参加したことで、島根県内企業の方に限らず、県外から来られた方や、大学・高専の先生・学生の皆さんとも交流し、意見交換することが出来ました。

来年もOSCしまねは開催される予定とのことですので、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?