しまねソフト研究開発センター(ITOC)では、島根県内のIT企業による新しいビジネス創出に向けた支援を行っています。しかし、新しいビジネスを考える場合、その種はやはり現場にあるのではないでしょうか。そこで、ITOCでは「県内IT企業のための異業種訪問 “直接現場に行ってビジネスの種を探そう!”」と題し、島根県内の農業、小売業、観光業など様々な業種の企業にご協力をいただき、IT企業が実際に現場に訪問し、お話を聴く機会を設けます。

第1回 農業の現場を知ろう!

訪問先

有限会社安藤農園(松江市意宇町195)

日時

令和3年2月16日(火)14:00~16:00

内容 

有限会社安藤農園様にご協力いただき、農作物栽培から出荷までの業務内容、現在利用しているITツール、農業経営における課題などをお話いただます。その後、IT企業との意見交換と現場視察を行います。

≪有限会社安藤農園紹介≫

安藤農園では、メロン、トマト、キャベツ、白菜、キュウリなど様々な野菜を栽培。特に、島根県のオリジナルメロン「ゴールデンパール」はとろける甘さと芳醇な香りから市場では高く評価されています。

定員

5名(先着順)

参加対象

島根県内のIT企業

※なお、参加にあたっては新型コロナウィルス感染症対策として、以下の点にご協力をいただきます。

  • マスクの着用
  • 参加受付時に検温の実施及び発熱(37.5度以上)や体調不良などの症状がある方の入場制限
  • 手指の消毒

参加費

無料

申込方法 ※本講座は定員となりました。申込受付を終了いたしました。

  • 下記、申込フォームよりお申込みください。

申込〆切

令和3年2月16日(火)

※定員になり次第、申込は締切いたします。

主催

しまねソフト研究開発センター(ITOC)/公益財団法人しまね産業振興財団

お問合せ先

しまねソフト研究開発センター(担当:徳田)

TEL:0852-61-2225 Mail:itoc@s-itoc.jp