3月16日に松江市内にて、「ESP32×mruby/c IoTハンズオンセミナー 」を実施しました。
当初、定員15名で募集を開始しましたが、反響が大きかったため定員を20名に増やすなど、県内エンジニアの関心の高さを改めて感じることができました。

日時

平成31年3月16日(土)14:00~18:00(開場 13:30)

会場

松江オープンソースラボ(松江市朝日町478番地18松江テルサ別館2階)

講師

羽角 均 氏株式会社モンスター・ラボ 島根開発拠点

ハンズオンの内容

ハンズオンでは、マイコンやセンサーの仕組みの基礎、mruby/cの基礎を紹介しました。
次に、実際にESP32のマイコンを用いて、mruby/cのプログラミング・ビルド・デバイス書込み、Lチカ(発光ダイオード点滅)などを実施しました。

ESP32×mruby/c IoTハンズオンセミナー風景 ESP32×mruby/c IoTハンズオンセミナー風景
   
ESP32×mruby/c IoTハンズオンセミナー風景 ESP32×mruby/c IoTハンズオンセミナー風景

 

ご参加いただいた方々の声

  • 他では聞けない情報が聞けて良かった。
  • 内容は新鮮なものが多くて良かった。
  • 柔軟にフォローしていただいて助かりました。
  • ファーム開発の基本的な話がきけて良かった。
  • 手厚くフォローしていただけて良かった。

まとめ

当初、定員15名としていましたが、すぐに定員が満員となりました。そこで、急遽、定員を20名まで増やして実施いたしました。

受講者もIT企業のエンジニアの方を中心に製造業の方なども参加されるなど幅広い方々が受講されました。環境設定で苦労される方もいらっしゃいましたが、皆さんmruby/cを用いて楽しくプログラミングをされていました。