令和2年10月8日(木)にオンラインにて、「製造現場へのAI 導入と知財戦略」 セミナーを開催しました。
当日はIT企業の方々を中心に35名の皆様にご参加頂きました。ご聴講いただいた皆様ありがとうございました。  

日時

2020年10月8日(木) 14:00~16:15

配信方法

  • オンライン(Zoom)で開催。
  • お申込いただいた方へ、セミナー視聴に必要なURLや接続方法などをご案内。

講師

青山純特許事務所 所長 青山 純 氏 (弁理士)
青山弁理士01

内容・当日の様子

セミナーでは、はじめに製造業へのAI適用ポイントについて、適用対象となる有効なセンシング・制御変数についてデザインすることの重要性を学びました。
また、AI関連技術の特許は、ものづくり技術全般で出願件数が伸びており、具体的な事例を交えてお話しいただきました。
最後に、最近の動向として、製造業における匠の技を知財保護したなかでAIアプリ化し、流通可能にしてモノ売りからコト売りへと新ビジネスを展開する手法をわかりやすく学ぶことができました。

製造現場へのAI 導入と知財戦略_青山講師03

まとめ

今回のセミナーでは、IT企業のみならず県内製造業から7社ご参加いただくなど各業種から関心をいただいたセミナーとなりました。
参加された皆様からは、「AIと特許の知見を深めることができた」「AIを活用しアプリ化して"売る"という考え方は意外だった」などの声をいただきました。

今回は当センターとしてはじめてオンライン(Zoom)を活用し、セミナーを実現することができました。皆様よりアンケートでいただきました今後開催してほしいセミナーテーマについて検討させていただき、今後もコロナ禍でオンライン(Zoom)等を活用するなど工夫をしてセミナー等を実現したいと考えております。