開催概要

マイクロソフトAzureは、世界規模に展開されているクラウドサービスです。Azure IoTは、IoTを単純化することで、手間なく簡単に導入することができます。ソリューションからプラットフォームサービス、業界最先端のテクノロジーまで、そのきわめて包括的な IoT ポートフォリオにより、運用効率の向上、新たな収入源の創出、より良いカスタマー エクスペリエンスを実現することができます。

今回のハンズオンでは、IoTを構築する際の基本サービス・技術群とリファレンスアーキテクチャやIoTソリューション開発のポイントを解説し、クラウド側の開発実習、組込み機器アプリ開発実習まで実施いたします。

ハンズオンの内容

  • IoT概要説明
  • Azure IoTテクノロジー概要説明
  • クラウド側の開発実習
  • 組込み機器アプリ開発実習(1)
  • 組込み機器アプリ開発実習(2) 

 IoT(Internet of Things)の基本である、モノをセキュアにつなぎ、モノからデータを収集、モノへのコマンド送信、収集したデータの活用について、その基本テクニックを学びます。

日時

平成30年7月31日(火)10:00~17:30

会場

シェアオフィス&コワーキングスペースAJITO(松江市津田町301番地 リバーサイドビルディング1F)

講師

日本マイクロソフト株式会社 コマーシャルソフトウェアエンジニアリング本部
テクニカルエバンジェリスト 
太田 寛 氏 

【プロフィール】

東北大学理学研究科物理学専攻卒。
OA機器メーカーでの複合機ソフトウェア設計・開発や開発プロセス改善活動を経て、2006年、マイクロソフト(株)に入社。マイクロソフトが提供する様々な最新技術や製品の普及・啓発を担当。
2014年頃からIoT領域にフォーカスし、組込み機器ソフトウェア開発、クラウドサービスを使ったIoTにフォーカスを当て、ハンズオンセミナーや各種講演、実案件導入支援、コミュニティでの普及活動など、精力的に活動中。

 

九州工業大学 情報工学研究院 機械情報工学系
准教授 田中 和明 氏

【プロフィール】

博士(情報工学)。九州工業大学大学院 情報工学研究院 准教授。
ロボット制御やセンサデータの処理に関する研究から、現在は組込みソフトウェアとセンサネットワークの研究を行っている。
特に,プログラム言語Ruby/mrubyに係る教育研究から、mrubyの実利用を目指して活動している。RubyAssociation理事,軽量Rubyフォーラム理事。

対象

IoTに関心のあるエンジニアの方

定員

10名

受講料

無料

準備物

インターネットに接続可能な、「Windows10 PC」または「Mac PC」を持参下さい。

申込方法

申込サイト(外部リンク)からお申込みください。

申込締切

平成30年7月30日(月) 12:00(正午)
※なお、定員になり次第、申込みは締切ります。

 主催

松江市/しまねソフト研究開発センター

お問い合わせ先

しまねソフト研究開発センター(担当:徳田)
E-Mail : itoc@s-itoc.jp
TEL:0852-61-2225