開催報告「ドローンセミナー」

Date:-2018/03/02
Time:-15:30-17:30
Place:-くにびきメッセ

 

開催の目的

ドローンは空撮をはじめ、農業、保守点検、測量など幅広いビジネスで活用が進んでいます。

その一方で、ドローンの落下事故などがニュースになることも多く、安全なフライトは重要な課題となっています。

ドローンの活用事例や安全なフライトについて紹介いただき、利活用の参考にしていただくことを目的として今回セミナーを開催しました。

 

講師

請川博一氏(有限会社レイブプロジェクト

産業用ヘリコプターの時代から換算すると約30年のキャリアを持ち、ドローン空撮の第一人者。ニュース等で危険なイメージがついてしまったドローンの可能性や安全性を広く知ってもらうため、定期的に技術講習会も開催している。

【メディア出演歴】
「TED×Sapporo 2017」スピーカーとして出演。
プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK:2016年5月23日放送)に出演。
「次代を創る100人」(日経ビジネス)に紹介。

【空撮実績】
NHK、TBS、BSフジ、NISSAN、SUBARU、KIRIN etc…

 

セミナーの内容・様子

今回は農薬散布ドローンデモ飛行、講演の2部構成で実施しました。

 

農薬散布ドローンデモ飛行

くにびきメッセの駐車場で農薬散布ドローンのデモ飛行を行いました。

実際に農薬を散布することはできないので、今回は水を散布しました。デモ飛行の機体は「AGRAS MG-1(DJI)」を使用しました。講師の請川氏に操縦していただき、その後はドローンを用いた農薬散布についの詳細に説明していただきました。

 

講演「ドローンの可能性~地方だからできること~」

くにびきメッセ駐車場から501大会議室へ会場を移動し、空撮映像の撮影・農薬散布などの実体験をもとにドローンビジネスについてお話しいただきました。

 

所感

セミナー前日が悪天候だったため、デモ飛行が行えるかどうか心配していましたが、当日は晴天となり無事に飛行させることが出来ました。

農薬散布ドローンが実際に飛行するところを見ることで、農薬散布のイメージが湧きました。ドローンはアームが折り畳みできるため、思っていたよりコンパクトですが、通常のドローンよりもサイズは大きいためフライト時には迫力を感じました。飛行音は想像していたよりも静かで、安定的に飛んでいたことが印象的でした。

講演では、ドローンで仕事を始めた頃から現在までの歩みを赤裸々にお話いただき、第一人者としてドローン操縦士の地位を確立されるまでの苦労が伝わってきました。

空撮や農業だけでなく、さまざまな分野でドローンを活用したビジネスを行うためのポイントなどをお話していただき、現状やこれからどう取り組んでいけばよいのか理解が進みました。

今回のセミナーが、島根県内でのドローンを用いた新しい産業創出や活用のヒントとなれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mruby/c
  • ITOCminiLab
  • 島根県IoT推進ラボ
  • よろず支援拠点
  • しまね産業振興財団