開催報告  1/25 GyroEye Holo体験会

Tool:-Microsoft HoloLens
Date:-2019/01/25
Time:-14:00-17:00
place:-AJITO(島根県松江市津田町301番地 リバーサイドビルディング2F)

開催の目的

しまねソフト研究開発センターでは、「ITOCminiLab」と称し、ドローンやVR/AR/MR技術を用いた機器等を整備し、県内事業者と共に活用することで、新たな商品やサービス創出に向けたチャレンジを支援しています。 

ITOCはminiLabの利用者を増やし、新たな取り組みにチャレンジする機会を醸成するために、定期的にセミナーを開催しております。
今回は、Microsoft HoloLensを使用した建設・設計・土木などの分野向けソリューションである「GyroEye Holo」(株式会社インフォマティクス)の体験会を実施しました。

講師

黒坂 文生 氏(株式会社インフォマティクス)

当日の様子

概要

今回はITOCminiLabで整備しているMicrosoft HoloLensを利用して、建設・設計・土木などの現場で、現実空間上に実寸大の図面データを表示し、干渉の検討、出来形確認から墨出しチェック、メンテナンスまでが実施できる「GyroEye Holo」を体験していただきました。
また、製造販売されている株式会社インフォマティクスより概要説明いただき、実機を用いて体験して不明な点等を相談できる場としました。

使用機器

Microsoft HoloLens

内容

  • MR、HoloLensの説明
  • 「GyroEye Holo」の体験会(建設現場向け及び戦闘機コックピット)

 ご参加いただいた方々の声

GyroEye Holo体験会 に参加して頂いた方々の感想(抜粋)

  • 初めてみる技術を体験できて良かったです。
  • 短時間で講演と実機体験が出来て良かったです。
  • CADデータを使って1分の1スケールのものが見れたところが良かった。
  • 講師の方の説明が分かりやすかったです。
  • 建設現場のデモ3DデータをHoloLensで体験できて良かったです。

所感

 今回参加された方の多くが土木建築関係業務に従事されており、晴天時や雨に濡れて良いのか等の具体的な質問が出ており、積極的に機器体験や、意見交換がされていました。

 体験会は、新しい機器類の認知度を高め、企業側で業務効率化や新事業創出の参考になると期待されています。短時間で気軽に機器に触ることが出来る体験会は、参加のハードルが低いので、今後も継続開催していきたいです。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年度イベント

  • mruby/c
  • ITOCminiLab
  • 島根県IoT推進ラボ
  • よろず支援拠点
  • しまね産業振興財団