はじめに

しまねソフト研究開発センターでは、国立大学法人九州工業大学(田中和明准教授)と共同でmruby/cの研究開発を行っています。このたび、mruyby/cについて、Microchip Technology社製PIC24シリーズへのポーティング手順を作成しましたので公開いたします。

目的

 mruby/cをより広くご利用いただくため、このたびMicrochip Technology社製マイコンへのポーティング手順書を作成しました。

これまでは、CYPRESS社製マイコン、Renesas社製マイコンを用いてチュートリアルなどで紹介しておりました。
今回は、組込みシステムの中でも使用されることも多いMicrochip Technology社製マイコンPIC24シリーズへのポーティングを行いました。

現在、Microchip Technology社製のPIC24シリーズマイコンをお使いの方は、この手順書をご利用いただくと、よりmruby/cをご理解いただけます。

公開内容

mruby/cのPIC24シリーズへのポーティング手順

【目次】

  1. はじめに

  2. 使用機材及び開発環境
    2.1 使用機材
    2.2 開発環境

  3. 開発環境の構築方法
    3.1 MPLABツール群のインストール

  4. mruby/cインポート
    4.1 PIC24F環境へのmruby/c インポート
     Chapter01「LED点滅」をPIC24Fの環境で動かす
    4.2
     Chapter02「LED点滅の速さを変える」をPIC24Fの環境で動かす
    4.3
     Chapter03「複数のmrubyプログラムを同時に動かす」をPIC24Fの環境で動かす

  5. メモリの消費について
  6. まとめ

ダウンロード

mruby/cのPIC24へのポーティング手順

pdfファイル「pic24_porting」をダウンロードする(PDF:1.6MB)

お問い合わせ先

しまねソフト研究開発センター Mail:itoc@s-itoc.jp Tel:0852-61-2225