mruby/c

センサーネットワークや、ウェアラブルなどの小型端末向けの開発言語「mruby/c」

mruby/cは、Rubyの特徴を引き継ぎつつ、プログラム実行時に必要なメモリ消費量が従来のmruby(福岡で開発された組込み向けの軽量Ruby)より少ないmrubyの実装です。

国立大学法人九州工業大学(田中和明准教授)と共同で研究開発を行っています。

お知らせ

mruby/c 1.1公開予定の延期について

2017年6月に公開を予定しておりましたmruby/c1.1につきましては、実装する機能の充実、安全性を確保するために公開時期を延期にすることにいたしました。

新たな公開時期は、改めてお知らせをいたします。

研究活動

mruby/c
  • mruby/c
  • ITOCminiLab
  • 島根県IoT推進ラボ
  • よろず支援拠点
  • しまね産業振興財団