(中国経済産業省主催 平成29年度地域別中小企業向け知的財産セミナー事業)

AI・IoT等が話題となっていますが、県内のIT企業においても知的財産は無関係なものではありません。自社の開発したものが知らないうちに他社の権利を侵害しているケースも考えられ、知財の基本的知識をもって事業を行う必要があります。

今回IT企業が知財でつまずかないために知っておくべき基礎的なお話を事例も含めながらご説明しますのでぜひご参加ください。

日時

平成30年2月19日(月)13:30-15:30

会場

テクノアークしまね 中会議室(島根県松江市北陵町1)

プログラム

講演「IT業界で”つまずかない”ために知っておくべき知財の話」

講演者:松本 文彦 氏(松本特許事務所)

「知財とか特許って難しそうだし中小零細企業だから関係ない」と思っている方にこそ聞いていただきたいセミナーです。

またオープンソースやオープンイノベーションと親和性の高いIT業界が、権利を独占する立場の知財とどう関わっていくべきなのか、事例を交えながら分かりやすく説明します。

参加対象

島根県内の企業経営者、経営幹部、実務担当者等

申込について

申込方法

一般社団法人島根発明協会のWEBページをご覧ください。

 

申込期限

2018年2月13日(火)まで

主催者について

主催

中国地域知的財産戦略本部、中国経済産業局

共催

島根県、しまね知的財産総合支援センター(一般社団法人島根県発明協会、公益財団法人しまね産業振興財団)

問い合わせ先

しまね知的財産総合支援センター TEL:0852-60-5146