しまねソフト研究開発センター(ITOC)では、島根県内のIT企業による新しいビジネス創出に向けた支援を行っています。しかし、新しいビジネスを考える場合、その種はやはり現場にあるのではないでしょうか。そこで、ITOCでは令和2年度より「県内IT企業のための異業種訪問 “直接現場に行ってビジネスの種を探そう!”」と題し、島根県内の様々な業種の企業にご協力をいただきながら、IT企業が実際に現場に訪問しお話を聴く機会を設ける取組みを行っています。農業、観光業、ビルメンテナンス業、ホテル業、小売業の5業種の企業を訪問した令和2年度、今年度も福祉分野、住宅建設業に続いて第8回目を実施しますので振るってのご参加をお待ちしております。

第8回 地域商社の現場を知ろう! 

【  協 力 先  】株式会社吉田ふるさと村

【 日  時 】令和4年 7月20日(水)13:30~15:30
        コロナウイルス感染拡大により延期いたします。

【  開 催 地  】吉田農村環境改善センター 会議室

        住所:島根県雲南市吉田町吉田1061-1
        電話:0854-74-0219
        Access:尾道松江道 雲南吉田IC下車後、県道38号線を東へ約1キロ 雲南私立吉田小学校そば
                    ※当日は現地集合となりますので、ご了承ください。

【 内  容 】今回は、株式会社吉田ふるさと村様にご協力いただき、地域商社として展開する業務の内容についてご紹介いただきます。また、日々の業務の中でお感じになっている課題やITの活用等について提案を受けてみたいこと等についてご意見いただきます。当日参加したIT企業の皆様との質疑応答や意見交換を行った後、会場近くにある本社工場へ移動し、食品製造・加工の現場の一部も見学をさせていただく予定にしております。

株式会社吉田ふるさと村 紹介 ≫

株式会社吉田ふるさと村は自然の恵み豊かな奥出雲の山あいに位置し、JA、商工会、森林組合などの団体のほか、多数の村民の共同出資により1985年に設立されました。無農薬栽培のお米や野菜が主原料の安全な食品作りをモットーとする農林産物の加工・販売を中心に、管工事や簡易水道の管理、村営バスの運転などを行う一方、「日本たまごかけごはんシンポジウム」の開催や各地で開催されるイベント参加などにより、吉田町のPRにも大きく貢献しておられます。

 

【 定  員 】10名程度(先着順)

【 参加対象 】島根県内のIT企業

※なお、参加にあたっては新型コロナウィルス感染症対策として、以下の点にご協力をいただきます。

・マスクの着用
・参加受付時に検温の実施及び発熱(37.5度以上)や体調不良などの症状がある方の入場制限
・手指の消毒

【  参 加 費  】無料

【 主  催 】しまねソフト研究開発センター(ITOC)/公益財団法人しまね産業振興財団

【 問合せ先 】しまねソフト研究開発センター(担当:内部・石川) TEL:0852-61-2225 Mail:itoc@s-itoc.jp

参加方法

下記、申込フォームよりお申込みください。