対象となる組込みクラス・機能

class method
Object   sleep
loop
printf
sprintf
to_s
inspect
raise
block_given?
nil?
kind_of?
is_a?
attr_accessor
attr_reader
dup
new
class
===
<=>
!=
!
puts
print
p
FalseClass to_s
inspect
TrueClass to_s
inspect
Array collect!
collect
each_with_index
each_index
each
join
to_s
inspect
minmax
max
min
dup
unshift
shift
pop
push
last
first
index
count
length
size
empty?
delete_at
clear
<<
[]=
at
[]
+
Hash











each
to_s
inspect
values
to_h
merge!
merge
count
length
size
keys
key
has_value?
has_key?
empty?
delete
dup
clear
[]=
[]
String
































each_char
each_byte
to_f
include?
end_with?
start_with?
tr!
tr
intern
to_sym
strip!
strip
rstrip!
rstrip
lstrip!
lstrip
split
ord
inspect
index
getbyte
dup
chomp!
chomp
[]=
[]
<<
to_s
to_i
length
size
*
+
Fixnum

















times
to_s
inspect
chr
to_f
to_i
abs
>>
<<
~
^
|
&
%
**
-@
+@
[]
Float
 
 
 
 
 
 
to_s
inspect
to_f
to_i
abs
-@
+@
Range
 
 
 



each
to_s
inspect
exclude_end?
last
first
===
Symbol




to_sym
id2name
to_s
inspect
all_symbols
NilClass




to_s
inspect
to_f
to_h
to_a
to_i

 

例外クラス

Exception 全ての例外の祖先のクラスです。
└ StandardError 通常のプログラムで発生する可能性の高い例外クラスを束ねるためのクラスです。
  ├ RuntimeError 特定の例外クラスには該当しないエラーが起こったときに発生します。また Kernel.#raise で例外クラスを指定しなかった場合も RuntimeError が発生します。
  ├ ZeroDivisionError 整数に対して整数の 0 で除算を行ったときに発生します。
  ├ ArgumentError 引数の数が合っていないときや、数は合っていて、期待される振る舞いを持ってはいるが、期待される値ではないときに発生します。
  ├ IndexError 添字が範囲外のときに発生します。
  └ TypeError メソッドの引数に期待される型ではないオブジェクトや、期待される振る舞いを持たないオブジェクトが渡された時に発生します。