2021年2月10日(金)にオンラインにて、クラウドハンズオン講座 ~ AWSを利用したスケーラブルなWebサービスの構築方法を学ぶ ~ を開催いたしました。
9名の方にご参加頂き、クラウドサービスの1つであるAmazon Web Service(以下AWS)を用いて、Webサービスの構築方法をハンズオン形式で学習しました。

日時

2021年2月10日(水) 13:00〜17:00

配信

オンライン(Zoom)

講師

サポートスタッフ

特別サポート

  パートナーアライアンス統括本部 テクニカルイネーブルメント部
  パートナーソリューションアーキテクト

内容

今回の講座では、クラウドの基本的な設計方法を理解し、スケーラブルなWebサービスが構築できるようになることを目標とし、始めにクラウドとAWSの概要を説明したのちに、ハンズオンを実施し、構築方法を体験していただきました。

座学(講義)

統計データを基に国内での企業のクラウドサービス利用が拡大していること、今後の需要動向について解説いただき、クラウド利用のメリット(料金・性能・セキュリティ)を説明いただきました。
また、なぜ今回ハンズオンでAWSを利用するのか、専門用語、ハンズオンで利用するサービスなどを解説いただきました。

ハンズオン

今回のカリキュラムでは、クラウドサービスの中でもシェアの最も高いAWSを利用し、プロジェクト管理ができるオープンソースソフトウェア「Redmine」が動くWEBサーバ構築を行いました。
AWSを利用する上で基礎となる構成を体験してもらうために以下の4つのフェーズに分けて、学習しました。

講座で実施した内容はこちらで確認頂けます。

資料

当日の様子

 ハンズオン_当日の様子01   ハンズオン_当日の様子02 
講師 坂本 想 氏 運営会場の様子

まとめ

今年度は新型コロナウィルスの影響により、対面ではなくオンラインでの開催となりました。
運営側もオンラインでの開催という事で不安面もありましたが、参加された方からは「チャットを利用したサポート体制もあり安心した」、「丁寧な個別サポートもあり大変助かりました」、「ハンズオン内容の手順がわかりやすかった」といった感想を頂きました。

また休憩時間中には急遽、特別サポートとして参加してくださいましたAWSジャパンの塩飽さんとサポートスタッフによるフリートークセッションが行われ、「新たな視野が広がった」という声もあり満足頂けたのではないかと感じました。

アンケート内容からもクラウドやIoTなどの分野は関心が高く、引き続き注力していくべく分野であると感じました。

ITOCでは、今後もIoT、AI、クラウド、新規事業など様々なセミナー、技術取得の研修等を企画してまいりますので、ぜひご参加ください。