mruby/cをPsoC5LPを動作させる方法を紹介しています。(mruby/c1.1を使います)
このページでは、そこで紹介した手順をZIPファイルを展開するだけで実行できる方法を説明します。

準備するもの


  • PSoC Creatorはダウンロードして、PCへインストールしておきます。
  • mruby/cは、zipファイルをダウンロードし、展開しておきます。
  • mrubyコンパイラ(mrbc.exe)は、OSS版mrubyをコンパイルして作成するか、上記からダウンロードします。

Quick Start

  • 実行したいプロジェクトファイルをダウンロードして展開します。
  • 展開されたファイルの、FlashLED.cywrk をダブルクリックして、PSoC Creatorを起動します。
  • デバイスをUSBポートへ接続します。
  • メニューから Debug > Program を選択します。
  • デバイス上でLED1(青色)が点滅し、プッシュスイッチ SW1を押すと点いたまま消灯しなくなる動作を確認します。

Chapterの内容

Chapter01 LED点滅

こちらのページで公開しています。

目標

サイプレス社のマイコン評価ボード CY8CKIT-059で mruby/c を動作させて、LED点滅をさせる。

ダウンロード

ファイル「FlashLED1」(ZIP:213kB)

Chapter02 LED点滅の速さを変える

こちらのページで公開しています。

目標

タイマーと浮動小数点を使って、1秒以下のウエイトを実現する。

ダウンロード

 ファイル「FlashLED2」をダウンロードする(ZIP:441kB)

Chapter03 | 複数のmrubyプログラムを同時に動かす

こちらのページで公開しています。

目標

  • 複数のmrubyプログラムを同時に動かし、協調動作をさせる。
  • コンソールを有効にする。

ダウンロード

ファイル「FlashLED3」をダウンロードする(ZIP:512kB)