平成30年11月14日(水)~16日(金)にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2018/組込み総合技術展」に、しまねソフト研究開発センターは福岡県と合同で「フクオカ&しまね mruby×IoTパビリオン」として出展します。

組込みAI活用、IoT無線技術、スマートセンシング、セーフティ&セキュリティ、次世代モビリティ、エッジコンピューティングといった重要技術となる6つのテーマゾーンを開設。進化する組込みの先進技術が集まる総合技術展です。

しまねソフト研究開発センターブースでは、「mruby/c」の特徴や、利用事例等の展示を行います。

Embedded Technology 2018 /組込み総合技術展 

ET2018 横浜

会期 

平成30年11月14日(水)〜16日(金) 10:00〜17:00  ※15日(木)は18:00まで

会場

パシフィコ横浜【展示ホール・アネックスホール】(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

しまねソフト研究開発センターのブース【フクオカ&しまね mruby×IoTパビリオン】は《A-33》です。

入場料

1,000円(税込) ※Web来場事前登録者、もしくは招待状持参者は無料になります

 ※事前登録はこちら

主催

一般社団法人組込みシステム技術協会

スペシャルセッション

16日には、スペシャルセッション「ここまで来た開発言語mruby・mruby/cの最新情報とそれが開く”本当に使える”IoTプラットフォーム」 と題した講演を行います。

なお、このスペシャルセッションでは、島根に拠点を置く 株式会社モンスター・ラボ 羽角 均 氏によるセッション「日本酒醸造業の製造工程における温度管理システムにmruby/cを適用した事例」も行われますのでご期待下さい。

(詳細はこちら

演題

  • ここまで来た開発言語mruby・mruby/cの最新情報とそれが開く”本当に使える”IoTプラットフォーム
    ~BLE5.0/LoRAWANブリッジ通信とmrubyを使った新IoTプラットフォームの研究開発のご紹介~
    講演者:九州工業大学 田中 和明 准教授
  • 本当に使えるIoTプラットフォーム”を支えるハードウェア開発
    ~BLE5.0-LoRaWANブリッジによる低電力・長距離通信とセンサ、それらを実現する最新のハードウェア開発の実際をご紹介~
    講演者:株式会社Braveridge 技術担当取締役 小橋 泰成 氏
  • 本当に使えるIoTプラットフォーム”を支えるソフトウェア開発
    ~なぜ”本当に使える”IoTプラットフォームにmrubyが使われているのか。mrubyを使ったフレームワークによるIoT開発の容易さ、使いやすさをデモを交えて紹介します~
    講演者:SCSK九州株式会社 組込システム部 三牧 弘司 氏
  • 日本酒醸造業の製造工程における温度管理システムにmruby/cを適用した事例について
    講演者:株式会社モンスター・ラボ 羽角 均 氏
  • mruby最新事例と実際に使っています企業様の本音トーク
    ~mrubyの現状と今後、さらには実際に製品化されている企業様による本音の開発秘話~
    講演者:特定非営利活動法人 軽量Rubyフォーラム 事務局 事務局次長 石井 宏昌 氏

日時

11月16日(金)10:00-12:45

場所

会議センター[311+312]

聴講申込み

ET2018/組込み総合技術展 公式サイト内の事前登録フォームからお申込みください。

リンク

ET 2018 /組込み総合技術展 http://www.jasa.or.jp/expo/

特定非営利活動法人軽量Rubyフォーラム http://forum.mruby.org/

カンファレンスプログラム スペシャルセッション ページ https://www.jasa.or.jp/expo/conference2018/confpage-c04.html