しまねソフト研究開発センターでは、小型IoTデバイス向けプログラミング⾔語「mruby/c」の開発に取組んでいます。
このたび、松江市に開発拠点がある株式会社モンスター・ラボ島根開発拠点 ⽻⾓ 均 ⽒が2019年4⽉18⽇(⽊)〜4⽉20⽇(⼟)に福岡県で開催される世界最⼤規模のRubyカンファレンス「RubyKaigi 2019」にスピーカーとして登壇し、世界のRubyコミュニティに向けて発信します。

開催概要

日時

2019年4月19日(木)~4月20日(土) 10:00~18:00

会場

福岡国際会議場(福岡県福岡市博多区石城町2−1)

講演テーマ

2019年4月19日(金) 11:20-12:00 

「Practical mruby/c firmware development with CRuby」

Writing mruby/c firmware applications is like writing mrbgems.
You need to make some C functions and mruby wrapper of them in order to handle peripherals like sensor, flash memory or BLE.Easy to imagine it's hard to develop for a team in a situation of TIGHT COUPLING, right? I will talk about some tools, mrubyc-test and mrubyc-debugger, which I made with CRuby for testing and debugging to keep our team slack coupling.

https://rubykaigi.org/2019/presentations/hasumikin.html#apr19

講演者

講演者 株式会社モンスター・ラボ島根開発拠点
羽角 均 氏 (Hitoshi Hasumi)