ITOC_OGP画像02

令和3年1月7日(木)13:30~ 「2020年度情報処理学会中国支部主催講演会」がオンラインにて開催されます。(しまねソフト研究開発センター共催)

講演概要

認知症は、一旦獲得された認知機能が不可逆的に低下していく疾患であるが、現時点では認知症の根本治療薬は存在しない。
ひとたび認知症を発症すると認知機能低下を抑制することは困難であると考えられているため、認知症の早期兆候の検出及び認知機能低下の進行予測を行う技術が探索されている。

本講演では、脳の核磁気共鳴画像(MRI)を用いた認知症患者に特徴的な脳の構造的特徴の検出方法を紹介する。
また、高次元の脳MRIデータに機械学習を応用し、認知症のほぼ半数を占めるアルツハイマー型認知症の診断支援及び進行予測を行う技術開発の現状と、その社会実装に向けた取り組みについても紹介する。

日時

2021年1月7日(木) 13:30-14:30

会場

オンライン形式(詳細は 参加申込フォーム からお申込みいただいた方にメールにてお知らせいたします。)

演題

「脳MRI画像と機械学習を用いた認知症予測ツールの開発」

講師

石田 学 氏(株式会社ERISA)

参加費

無料

参加申込

下記、申込フォームよりお申込みください。

注意事項

  • ご参加には 参加申込フォーム からの事前申込が必要です。
  • フォームでの申込手続きが完了すると、「2020年度情報処理学会中国支部主催講演会 参加登録」という件名のメールがお手元に届きます。オンライン会議へのご参加方法等に関する情報が記載されておりますので、ご確認の上、講演会にご参加ください。
  • 申込手続きを行ってもお手元にメールが届かない場合は、支部事務局までお問合せください。

主催

情報処理学会中国支部

共催

  • 電気学会中国支部
  • 電子情報通信学会中国支部
  • 照明学会中国支部
  • 電気設備学会中国支部
  • 計測自動制御学会中国支部
  • IEEE広島支部
  • しまねソフト研究開発センター

お問合せ先

情報処理学会中国支部事務局 神崎 映光
Email: ipsj-chugoku-office[at]zaklab.net

一般社団法人 情報処理学会中国支部 http://www.ipsj.or.jp/sibu/tyugoku/index.html